福島創発技研株式会社

  東莞福可喜馬通信会社(FSG)は、光通信分野に於いて、独自開発を行いMT/MPOフェルール・コネクターを生産している会社です。

   当社は、2013年6月に設立し光通信部品の販売をスタートさせ、2014年11月より日本の福島創発技研株式会社よりMT/MPOフェルール生産のノウハウと開発チームを導入し、MT/MPOの2芯・8芯・12芯・16芯・24芯・32芯の独自生産を実現する事が出来ました。

  月産150/pcsを日本・アメリカ・欧米・台湾及び中国国内の大手企業様に向けて生産しております。

  また、当社は中国企業ではありますが、日本企業と同様な品質管理システムが構築出来ております。

  近年のデーターセンター市場の急成長に伴い、高品質・低価格に対応するべく更なる技術力を高めて参ります。

人を基本にして、信頼とチームワークを通して、目標を実現。

  創新、突破し、自分を超える。一流品質を保証し、一級の信用を保持すること

  品質第一を原則とし、開発、生産と営業を推進。製品、品質とサービスで信用を作り、発展を求める

 会社光栄

工場写真
会社新聞
文章附图

2017年9月6~8日に深セン光通信展示会BOOT:1c75

文章附图

MTフェルール厚み1.25MM試作成功!

会社沿革
2013/6 FSG成立(貿易会社)
2014/10 MT/MPOフェルールを生産する事を確立します
2015/1 MT/MPOフェルール12MMの生産ラインを作ります
2015/4 MT/MPOフェルール12MMをトライします
2015/7 MT/MPOフェルール12MMの量産を現実しました
2015/10 MT/MPOフェルール12MMLLSM量産を現実した
2016/3 MT/MPOフェルール24芯量産を現実しました
2016/8 MT/MPOフェルール16芯量産を現実しました
2016/8 パチコートラインを作りました
2016/10 MT/MPOフェルール24芯量産を現実しました
2017/1 MT/MPOフェルール32芯量産を現実しました
2017/1 ガイドピン用ピンホルダの生産ラインを作って量産を現実しました




产品展示
会社光栄